忍者ブログ

アメリカ発 「Autism is Treatable ~自閉症は治療可能~」の実践

これは日本で自閉症児を育てているママ達に、アメリカの自閉症治療法について情報を提供するためのブログです。メールで受けた質問への回答を載せています。
TIME :

Summer

女性

2019/08/24
14:28
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/26
16:00
ラップの使用も極力控えてはいますが、電子レンジで加熱する際などどうしていますが?今シリコンの商品もたくさん出てますが、シリコン素材はどうなのかな…と思いまして。

食品用ラップフィルムが熱に当たると有害物質を出すことを知ったとき、私も電子レンジで加熱するときどうすべきか悩みました。そして去年、ある商品カタログで偶然見つけたのがシリコンエコラップ! 「これこそ私が求めていたものだっ!」と興奮しました。早速アメリカからネットで注文し、日本へ出張で行った夫に持って帰ってきてもらいました。実際に使ってみると、あちこちくっついて保管するのが大変だったり、アメリカ製の大きな食器にちょうど合うサイズがなかったりと、決して使い勝手が良いとは言えませんが、電子レンジで加熱するときや、熱い料理にふたをして保温しておきたいときなどにはかなり重宝しています。今年日本へ行ったときには、更に大サイズと中サイズを2枚ずつ買ってきました。
 
シリコンについては自分なりにいろいろ調べましたが、今のところ有害性は認められていないようです(もし有害であるとの情報を聞かれた方がいたら教えてください)。実はウチはラップだけでなく、電子レンジ加熱容器(スチーマー)も、オーブン用シートも、そしてしゃもじやお弁当のおかずカップまで、探せるものは全てシリコンに代えました。
 
また、有害物質を出す可能性のあるプラスティック製の調理器具(まな板、お玉、フライ返しなど)は全て捨て、ステンレス製か木製に代えました。
 
子供のお弁当箱はステンレス製。アメリカで唯一買えるステンレス製のお弁当箱はLunchBots。 使い勝手が良いし、かわいいし、最高に気に入っています。もちろん水筒もTharmosなどのステンレス製。 
 
ペットボトルの水は絶対に子供に持たせませんし、私も極力買いません。ペットボトルは配送の際に気温で暖められ、水に有害物質が溶け出してしまう可能性があるそうです。ペットボトルを凍らせることも水に有害物質が混じるので危険。去年の自閉症学会では「ペットボトルの水(ジュースも含む)を飲ませるなら、水道水の方が安全かもしれない」と言っていた研究者がいました。
PR

2011/08/26
15:56
以前お電話でお話させていただいた時にSafepanのフライパンお話を聞きましたが・・・。

日本でもアメリカでも、ノンスティック調理器具というとテフロン加工のものが一般的だと思います。しかしテフロン加工の調理器具はある一定の温度まで加熱すると有害物質であるPFOA (Perfluorooctanoic acid)が発生し、人体に危険であることがわかっているそうです(室内のペットの鳥が死んだケースもたくさん報告されている)。アメリカのEPA (Environmental Protection Agency=日本語では環境保護機関っていうのかな?)はPFOAを発がん性物質と位置づけています。また肝臓、甲状腺、免疫機能にも悪い影響があるだけでなく、ADHDとの関連性も指摘されています(Exposure to Perfluoroalkyl Chemicals and ADHD in US Children, Environmental Health Perspectives, June 15, 2010).
 
PFOAが発生するのは高温になった場合のみとのことですが(240度とか350度など色々な説があってどれが本当かわかりません)、うっかり空焚きをしてしまったり、キズに気づかないまま使ってしまう可能性はあると思います。毎日使い、料理に直接触れることを考えると、有害だとわかっている以上、私は使い続ける気にはなれませんでした。
 
安全な製品を色々調べた結果、我が家では以下のような調理器具を使い始めました。ご参考までに公表しておきますね。(日本語のサイトがあったので、リンクはあえてそこにしておきました。)
 
ノンスティックフライパン・ノンスティック中華なべ
Safepan (値段がお手ごろなので、一番重宝してます。
 
ノンスティック以外には、ステンレスと鋳物の鍋、そして鉄の卵焼き器を使っています。どれも値段が高かったけど、家族の健康には代えられません。下記のもの以外にも安全で良い商品はたくさんあると思いますので、ご自分で調べてみてくださいね。
 
ちなみにウチでは日本でよく見かけるアルミのなべも使いません。アルミはアルツハイマーとの関連性が指摘されていますよね。それが事実であってもなくても、はっきりするまでは発達に遅れのある子供のいる我が家では避けたいです。
 
ステンレスなべ 
 
鋳物ホーローウェア
 
鉄の卵焼き器
 

2011/08/24
15:57
日用品

自閉症の勉強を始めて以来、我が家では体に有害だといわれるものを極力家庭に取り込まないよう努力しています。しょんしょんのような自閉症スペクトラム系の診断を持っている子供の中には体内に入った毒素を排出する力の弱い子が多く、その溜まった毒素が知能や行動に影響しているという研究結果を、いつも自閉症学会で耳にしているからです。家の中にある身近な有害物でまず最初に私の頭をよぎったのが洗剤や石鹸、クリームなどの日用品。皮膚や口を通して体に入り健康に影響するといわれている合成界面活性剤や、防腐剤、香料、着色料などが入っている商品は極力買わないと決心しました。それまでは街のどこのドラッグストアでも買うことのできるメジャーな製品を当たり前のように使っていましたが、思い切って全部捨てました(あまりにももったいなくって心が痛みましたが・・・)。そしてオーガニックや無添加で安全性が高そうな製品をインターネットでサーチし、レビューをくまなく読んで購入していきました。
 
合成洗剤が本当に悪いかどうかについては日本のサイトでいろいろ検証されているようですので、素人の私は言及を避けようと思います。私は合成洗剤に批判的な本を読んだから悪いものだと決めつけてきましたが、いくつかのサイトが言っている様に、本当はそれほど悪いものではない可能性もあります。我が家のように日用品を全て変えるかどうかは、みなさんそれぞれの判断で決めてください。
 
私は日用品を安全なものに変えることも自閉症治療の一部だと思っているので、しょんしょんが日頃どのような日用品を使っているかここにいくつか公表しようと思います。主にHealthy Child Healthy WorldというNPOが推薦しているものを使っています。日本に住むみなさんにはアメリカ製品を購入する術がなくあまり意味がないかもしれませんが、しょんしょんの生活スタイルを知ってもらうという意味で少しは参考になればと思います。
 
ところで、Healthy Child Healthy Worldが製作した宣伝ビデオはとても素晴らしいので、もし興味があればみなさんも見てください。英語だから分かりにくいかもしれませんが、"私達の現在の日常生活がどれほど有害物に取り囲まれているかを知り、その事実を友達に伝えよう。消費者が有害な商品を買わず、より安全な商品を選ぶことによって、世の中が変わります"というようなメッセージが込められています。
http://awakeupstory.healthychild.org/

************************************************************
しょんしょんが日頃使っている(または使っていた)日用品

ボディーソープ
 
シャンプー
 
ボディークリーム
 
ハンドソープ
 
ハンドサニタライザー・ウェットティッシュ
 
日焼け止めクリーム
洗濯用洗剤
 
柔軟仕上げ剤
 
野菜クリーナー
 
食器用洗剤
 
掃除用スプレー
 
トイレ洗い用品
 
お風呂洗い用品
日本のダイソーなどで買える、水だけ(洗剤不要)で水垢が取れるスポンジ
 
 
上記の中でTate's Natural Miracle ShampooDr. Bronner's Magic All-One Baby Mild Liquid Soapは、シャンプーにもハンドソープにも食器洗剤にもなりえるそうです。つまり何にでも使える便利な洗剤。旅行のときは必ず一ビン持って行くのが我が家の常識になっています。

ちなみに日本滞在中はPAX NATURONの製品(食器洗い洗剤など)を使っていましたが、
深く調べる時間がなかったので本当に安全かどうかはわかりません。でも日本にもきっと安全性を一番に考えた製品を作っている会社がたくさんあると思います。ご自分でネットなどで調べてくださいね。
 

2011/08/23
15:24
これ以上害のあるものを体に入れない!

バイオメディカル治療というとサプリ摂取がメインのように思われる方が多いかもしれませんが、私が今までしょんしょんのために勉強したことを総合して一番大切だと思うのは「これ以上害のあるものを体に入れない!」ということです。私が言う体に害があるものとは・・・アレルゲン(グルテン・カゼインなど)、農薬、食品添加物、遺伝子組み換え食品、化学調味料、白砂糖やぶどう糖果糖液糖などの甘味料、合成洗剤、殺虫剤・防虫剤、プラスティック成分(フタル酸エステル類、PVC、BPAなど、食品用ラップフィルムや人工芝も含む)、重金属(特に水銀、歯のアマルガムも)、PFOA(テフロン加工の鍋やフライパン)、電磁波、環境ホルモンなど・・・。現代の日常生活には他にもまだまだ人体に悪い影響を及ぼすものがたくさん存在しています。そしてバイオメディカル治療の原点ともいうべき考え方のひとつが、「自閉症児には体内に入った毒素をうまく排出する力が極端に弱い子が多い」というもの。排出する力が弱いと、毒素がどんどん体内や脳に溜まっていって行動や認知に影響を及ぼします。実際に自閉症児は解毒作用に必要なグルタチオンのレベルが低いという結果がいくつかの研究で出ています(Am J Med Genet B neuropsychiatr Genet. 2006 Dec 5:141(8):947-56など)。つまりサプリなどでデトックス作用を向上させたり、キレーションをしたとしても、今までの生活を見直すことなく次から次へと体に毒素を入れているようでは全く意味がありません。まずは害のあるものを体に進入させるのをストップさせなくては!絶対に忘れてはいけない、一番大事なコンセプトだと思います。

2011/08/11
02:20
控えるべき食品

砂糖、防腐剤、着色料、農薬、化学調味料はできるかぎり控えて。これらの食べ物が自閉症の大きな原因のひとつです。
 
食生活に制限が出来るのはママにとっては相当大変だし、家族全員の負担にもなるけれど、自閉症のバイオメディカル治療をするのであれば、食生活の改善が第一条件です。一般的に考えられている以上に食べ物が人の知能や行動に影響しています。やる価値は大きいと思います。

2011/08/11
02:14
ルイボス茶はOK?

ルイボス茶はカフェインが入っていませんよね?それなら飲んでも大丈夫だと思います。
 
緑茶などに入っているカフェインは体内のビタミンを外に流す作用があるので、極力避けたほうが無難です。

2011/08/10
17:31
エプソム塩

体から毒素を出す(デトックス)作用であるSulfationを促すためにエプソム塩(硫酸マグネシウム)をカップ2杯、毎日もしくは週に2,3回お風呂に入れてあげると、体内から水銀などの毒を自然な形で外に排出する作用があるので自閉症の子供には良いです。皮膚から硫酸マグネシウムを入れることになりますから、体内のマグネシウム補給にも役立ちます。我が家も毎日のようにやってます。

日本ではエプソム塩はインターネット(クシロ薬局など)で買えるみたいです。しかしアメリカに比べると値段がずいぶん高くなるようですから、エプソム塩のクリームを作って肌に塗る形でも良いかもしれません。クリームの作り方は、小さじ1杯のエプソム塩を小さじ1杯のお湯に溶かし、そこに小さじ3~4杯のココナッツオイルを混ぜるそうです。ココナッツオイルが固まって混ぜにくい場合は湯煎で溶かすと良いそうです。



2011/08/10
16:27
砂糖に関して調べるとオリゴ糖やてんさい糖などがいいようなのですが、お勧めの物などありますか?

アメリカの自閉症児を持つ親のネットワーク上では、アガベネクター(日本ではアガベシロップと呼んでいるようです)、キシリトール、ステビアがよく使われる甘味料です。我が家も全ての料理・デザート・飲み物などを上記の3種類で味付けしています。

アガベは楽天などで検索すると出てくるので日本でもネットで買えるようですが、アメリカに比べると3,4倍高いようです。それでも良ければぜひ一度試してみてください。味が良く、砂糖のように血糖値を急激に上げることがないのでお勧めです。買われるなら、なるべく加工していないロー(生)のもの、そしてもちろんオーガニックがよいです。

キシリトールとステビアは、残念ながら日本では料理に使える形(白い粉末状)のを購入するのは難しいようです。いつか日本にも入ってくると良いですね。ただステビアは日本ではあまり良いものだと思われていないみたい。なぜだろう?アメリカではとても健康的だと思われているものなのに。その辺も調べる価値がありそうです。

オリゴ糖やてんさい糖はアメリカには身近にないのでよく知りません。ごめんなさい。日本にいる内に調べてみようと思っています。

とにかく加工された砂糖(特に白砂糖)は薬と同じだと思ってください。自閉症児の問題行動(ハイパーアクティビティ、癇癪、無気力など)に大きく関わっています。もちろん砂糖の入ったデザートやお菓子にも気をつけて。砂糖を一切取らない生活をするというのは日本ではまず無理ですが、なるべく避けてくださいね。

ちなみに自閉症学会ではHigh Fructose Corn Syrup(ぶどう糖果糖液糖)も相当悪いと言われています。とうもろこしからシロップにする過程に水銀が混じっていることが多いからです。もしかすると日本では大丈夫かもしれませんが、使っているとうもろこしはたぶんアメリカから輸入された遺伝子組み換えされたコーンだと思われますから、どちらにしても良くない。日本で清涼飲料水を買うと、ほとんど全てと言って良いほどにぶどう糖果糖液糖が使われていますが、とても怖いことだと思います。

つづきはこちら