忍者ブログ

アメリカ発 「Autism is Treatable ~自閉症は治療可能~」の実践

これは日本で自閉症児を育てているママ達に、アメリカの自閉症治療法について情報を提供するためのブログです。メールで受けた質問への回答を載せています。
TIME :

Summer

女性

2019/08/24
14:04
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/09/01
15:41
しょんしょんくんに使っていたサプリ一覧の中のNeurochondriaはどういう効果があり、どれくらいの量をどのくらいの期間飲ませたらいいですか?

NeurochondriaはThorne Research社が独自に作っているサプリで、デトックス、免疫向上、抗酸化物質、神経伝達物質レベルの向上、ミトコンドリアの機能向上などに必要な栄養素が8種類ほど混ぜ込んであるものです。総合してシンプルに言うと、脳の働きを上げるためのサプリです。特に自閉症治療用に作られたものではありませんが、自閉症治療に必要な栄養素ばかりが入っているので「試す価値があるのではないか」としょんしょんのドクターからの勧められました。説明書には一日3カプセルと書いてありますが、これは大人の量だとおもうので、2~3歳だったしょんしょんは一日1カプセル(朝に半カプセル、夜に半カプセル)を他のサプリと一緒に混ぜて飲ませていました。期間は特に言われていません。他のサプリも同様ですが、薬ではないので、しばらく試して効果があるようなら続ける、ないようなら止めるみたいな感じでよいと思います。
 
私は専門家ではないので8種類のどの成分がどのように効くかを詳しく説明することはできませんが、以下の4種類は自閉症治療に使われるものとして学会でよく耳にします。
 
●Vitamin B12 (as Methylcobalamin) = Glutathione (グルタチオン)の生成を助け、毒物の解毒を促す。
●Coenzyme Q10 = 抗酸化作用、免疫機能向上など。
●Glutathione (Reduced) = 解毒作用に必要。
●Acetyl-L-Carnitine = 最近の研究で自閉症児はミトコンドリアの機能に欠陥(主に低レベルのアデノシン三リン酸)があると発表されているが、その理由のひとつとしてCarnitine (カルニチン)の量が少ないことがあげられた。そこでCarnitineのサプリを3ヶ月間摂らせた自閉症児グループと摂らなかったグループを比べると、摂らせたグループはChildhood Autism Rating Scaleではっきりと向上が見られた。http://www.medscimonit.com/fulltxt.php?ICID=881792

 

Neurochondriaを使うときの問題点は、ハイパーアクティブになる可能性があること(Glutathione のせいだったと思います)。子供に飲ませてハイパーアクティブが気になるようなら止めたほうが良いかもしれません。

 

ちなみにThorne Researchはとてもクオリティの高い製品を作るということで、私の周りのドクターはみな非常に信用しているようです。私も同じサプリを買うならなるべくThoene Researchのものを選ぶようにしてきました。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら