忍者ブログ

アメリカ発 「Autism is Treatable ~自閉症は治療可能~」の実践

これは日本で自閉症児を育てているママ達に、アメリカの自閉症治療法について情報を提供するためのブログです。メールで受けた質問への回答を載せています。
TIME :

Summer

女性

2019/08/24
14:31
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/10
16:37
Trienzaを注文したのですが、3歳の子供だったら1日当たりどのくらい飲ませたらいいのでしょうか。

製造元のHouston Lab(Houston Enzymes)によると、カプセルタイプのものは毎食2-4粒ということですが、必要な量は人によって違うはずですから、様子を見て与える量を変えると言うのがベストな方法です。

3歳児の使用量については去年10月のDAN学会で直接Dr. Houstonに聞いてみたのですが、「3歳であればカプセルを毎食1粒でいいと思う」と回答をもらいました。気をつけないといけないのは、チュアブルタイプを使う場合はカプセルの半分の量しか酵素が入っていないということです。つまりチュアブルを使う場合は、カプレルの倍の量を与えてください。

ウチのしょんしょんはチュアブルタイプなら好んで食べてくれるので、毎回2粒飲ませてます。でも家での食事(アメリカでの話です)は完全にGFCFにしているので飲ませる必要がありません。外食のときと、お友達の家でスナックなどをご馳走になるときだけ(もちろんGFCFかどうかを見極めた上で)食べさせます。

外食時はもちろんGFCFになるように気をつけていますが、他人が作ったものですから完璧にという訳にはいきません。GFCFが出来ているときはチュアブル2粒ですが、料理の内容を見て小麦か乳製品が入っている可能性があると思われるときは4粒食べさせています。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら