忍者ブログ

アメリカ発 「Autism is Treatable ~自閉症は治療可能~」の実践

これは日本で自閉症児を育てているママ達に、アメリカの自閉症治療法について情報を提供するためのブログです。メールで受けた質問への回答を載せています。
TIME :

Summer

女性

2019/08/24
13:16
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/10
16:52
DMGを息子に飲ませようかと考え中なのですが、飲む量と期間は決まっているのでしょうか。

DMGは発語に効果がある可能性があると知り、ウチのしょんしょんもバイオメディカルをはじめた当初から飲んでいました。しょんしょんの場合はDMGによって言葉が増えたわけではありませんが、DMGをはじめてから本人の周りに対する認識度が向上したので、私個人的には効果の高いサプリのひとつだと思っています。DMGは免疫力向上にも良いので、自閉症児だけでなく、誰にでもお勧めです。私も「疲れたかなぁ?」と思うときに飲んでいます。
 
DMGは錠剤や液体など違う形態のものがありますが、ウチの場合はDouglas Laboratoriesの錠剤を使っていました。Douglas製のは処方箋が必要ですが、どうもアメリカのDANドクター達が一番好んで使っているようです(処方箋が必要なので、残念ですが日本では手に入れられないと思います)。

飲む量ですが、うちの場合、一粒125mgのものを最初は一粒から(例えば朝だけ)。そして様子を見ながら1週間か2週間ごとに1粒づつ増やし(2粒になったら朝と晩、3粒なら朝、昼、晩など)、そして最終的には一日4粒(朝2粒、夜2粒)になりました。なぜ4粒までにしたかというと、私の友達の自閉症児(当時6歳)が診てもらっていたDANドクターが「最高4粒まで」と言ったのを聞いたからです。でも他のサプリにもいえる事ですが、何mg必要かは人それぞれ違うし、ドクターの意見もさまざまです。たとえば、DMGで有名なDr. Kendallのウェブサイトをみると、自閉症やADDを持つ人には375~1000mgを勧めています(http://www.dmgdoctor.com/dmg.php)。 つまり他のサプリ同様、お子さんの様子を見ながら量を決められるのが良いと思います。とりあえず私と同じように、一日4粒(500mg)ぐらいまでにしてみたら安心かもしれませんね。
 
DMGを止める時期も、お子さんの様子を見ながらでいいと思います。しょんしょんの場合は、たぶん9ヶ月ぐらいは毎日あげていましたが、その後はあげたりあげなかったりになり、今ではほとんどあげていません。近いうち様子をみて、また始めてみようかなと思っているところです。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら