忍者ブログ

アメリカ発 「Autism is Treatable ~自閉症は治療可能~」の実践

これは日本で自閉症児を育てているママ達に、アメリカの自閉症治療法について情報を提供するためのブログです。メールで受けた質問への回答を載せています。
TIME :

Summer

女性

2019/08/24
13:41
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/10
16:50
オキシトシンの影響と効果についてわかる範囲で教えていただいてよろしいでしょうか。

オキシトシンは女性が出産や授乳するときなどに出るホルモンで、(子供への)愛情を引き出す効果があることから「ラブホルモン」と言われていました。最近の研究では、このホルモンが女性特有のものではなく、人の社会性にも影響があることがわかってきたそうです。そこで自閉症を持つ人にオキシトシンを与えたところ、目の動きによって相手の感情を読む能力が向上したり(Guastella et al., 2009)、社会性が増し協調してゲームが出来るようになったり(Andari et al., 2010)という研究結果が発表されています(←この二つがたぶん一番最近の研究結果だと思います)。でも、オキシトシンと自閉症の関連性はまだまだ研究の初期段階みたいなので、どこまで安全性が保障されているかはわかりませんし、アメリカでも試している人はそんなに多くないと思います。私もオキシトシンのことは学会で「こういう研究結果が出ているよ」と聞いただけで、どのメーカーのものをどれぐらいあげると良いかなどの情報は持っていません。しょんしょんには試したことがありませんが、実際に使ってみて効果があると思うのなら、しばらく続けたほうが良いとおもいます。私は常々、「悪い結果を怖がって何もしないよりは、多少失敗があっても色々と試していったほうが良い」と思っています。
PR

2011/08/10
16:45
L-カルニチンも機会があれば時期をみて試してみたいと思っております。3歳の子供の量や期間などわかれば教えてくださいませ。

L-カルニチンが自閉症治療に良いという研究はつい最近発表になったばかりです。もし英語が読める、もしくは読める人が近くにいるなら以下のリンクから実際の研究結果を見てください。

http://www.medscimonit.com/fulltxt.php?ICID=881792
 

この研究では50mg/kg体重/一日の量を自閉症児に与えたそうです。つまり体重が13kgだったら、一日50mg X 13 = 650mgを与えたということです(期間は3ヶ月間)。


つづきはこちら